会社案内








寺院建築において、その建物がもつ荘厳美は人々の
信仰の対象として未来永却変わるものではありません。
なかでも瓦屋根のもつ重厚さと流れるような曲線は、
堅牢かつ機能性を備えた宗教建築の粋を集めたものです。
しかしその曲線が、瓦の施工を困難にし、雨漏り等を招く
原因ともなっていました。
弊社は瓦屋根工事にも重きをおき、瓦と木の曲線美を追求
しております。







 
          





  従来の土葺きでは、屋根にかかる重量が大きく、葺き土も30年程度で
  粘り気がなくなり崩れはじめます。
  乾式工法では、土葺きの1/3の重量で、桟木を配して、ステンレスの
  釘で止める為、耐震、耐風、耐久性に優れています。


 ●一般野根地にかかる重量比較 (屋根地  u当り

 

    本瓦葺き(土葺き) 本瓦葺き(乾式) 改良本葺瓦(飛鳥2号)
250kg 180kg 80kg
桟瓦葺き(土葺き) 桟瓦葺き(乾式) 改良本葺瓦(飛鳥3号)
92kg 60kg 71kg




改良本葺瓦(飛鳥2号)


本来の本葺きでの平瓦2枚と丸瓦1本を一体にし、雨水の侵入経路
を少なくすると共に、屋根全体にバランス良く重量をかけられます。
焼成温度は1150℃まで上げることによって固く焼き締め、吸水率を
6%以下に押さえています。



             瓦の製造は、奈良県瓦センター協業組合