古瓦を舗装材に再生


仕事に厳しく  地球にやさしく







                        
産業の発展に伴い、人類は多くのCO(二酸化炭素)を排出する様になりました。
                このままのの勢いで排出し続けると、温室効果の影響により、2100年には地球上の
                平均気温が今より、1.8℃〜4℃上昇すると言われています。いわゆる地球温暖化です。
                今、世界中がその問題に直面しています。
                私たちも微力ながら、この問題を常に意識しながら仕事に取り組んでいます。
                建物を改修する時、必ず廃材がでます。材木も燃やせばCO2がでます。ですからなるべく
                使える物は残し、構造上使えない物は内装材に転用するとかの工夫をして処分量を減らし
                ています。焼却するにしてもお風呂屋さんの燃料として協力してもらっています。
                また瓦は舗装用に再生したり、ちょっとした工夫で皆様に利用してもらったりとか・・・
                私達は、社寺建築に携わってる会社として、世界がかかえる問題に少しでも役立てられたら
                と考えています。



古瓦をアートに ケヤキの古柱を階段に再利用